Order & Contact

ブログ

青木良太作品展企画イベント@Abundante

 

2月11日12日の両日、芦屋Abundanteで開催された、青木良太作品展における企画レッスンのレポートです。

世界中を飛び回る、大人気の陶芸家の青木良太さん。Abudanteの生田先生から色んなエピソードを伺っていましたが、

ご本人にお会い出来ました!なんとも魅力のある方でした。

青木さんの作品は、出会ったときに、一目見て、手で触って恋に落ちた…そんな感じです。

オーダーしてから、届くのを待ち続ける、じれったい、嬉しいそんな器です。

ご本人にお会いして、いろんなお話をお聞きしましたが、驚くこと満載で、

このガイコツ、抹茶椀です。

 

 

 

 

 

 

 

戦国武将が戦に勝った時、敵の武将の頭蓋骨を杯にしたのだとか・・・

 

0.2g単位で釉薬を調合して作られる色。陶器とは思えない。

 

 

 

 

 

 

 

ポーターが青木さんの為に作った杯入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮っている間に、またたく間に出来上がるデーブル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生田先生のコーディネートは、いつも美しいリズムがあって、

テーマにそって独特の世界観がテーブルに繰り広げられます。

細部にまで仕掛けがあって、それはそれは驚きです。

 

打ち合わせの時に拝見して、是非こんなのを盛ってみたいと思った「帆立とエリンギのエスカルゴソース」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土を練る時に特別な技法を使うために出来る、青木さんの器特有の手触り感。

白の器の透ける感じと、なんとか合わせられないかなー、と考え付いたのが「チコリボート」

 

 

 

 

 

 

 

 

半熟卵とカニソースとブロッコリーののったチコリ。

この半熟卵のゆで時間について、何分か?と盛りあがって、

「私は絶対5分半、黄身がトロトロになってソースになるように」

って言ったら、青木さんうけてました。

このイベントに参加された皆さんにお土産として作られた三角杯には

「ポルチーニのリゾット」。チーズクラッカーをのせて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、こんな機会はまたとないチャンスだと思い、

記念撮影おねがいしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、アシスタントの森ちゃんもせっかくだからって、撮ってもらおうって、

あー、襟ちゃんとしないと・・・(^^)

 

 

 

 

 

 

 

どう、この優しい笑顔!!

 

本当に忘れられない2日間になりました。

企画してくださったAbundanteの生田先生ご夫妻、

参加してくださった皆様、

ハードスケジュールの中、岐阜から来られた青木さん、

本当に有難うございました。

ものすごくパワーと刺激を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by lacYT レッスン